2016年07月30日

今、書きたい2つの事。

FullSizeRender (5).jpg

北海道の苫小牧での朝、ニュースを聞いて衝撃が走った。
抵抗も出来ない障害者の方19名を1人の男が命を奪った。

言葉にもできない悔しさ。
僕は犯人には罵声も浴びせない。
人とも命あるものとも認めない。

僕の兄も障害を持って生き、50歳の若さで心筋梗塞で急死した。
ここで書けない事もたくさんあるけれど。

兄は本当に人に自然に周囲に優しかった。
そして誰からも愛された。
そんな兄を今でも僕は誇りに生きている。

健常者も障害者も今を一生懸命生きている。
人の命を奪う権利なんて誰にもない。
決して断じてあってはならない。

お亡くなりになった被害者の方のご冥福を無力ながらも
ただひたすらに祈り続けたいと思う。

IMG_4829.JPG

りんさんがお眠りしている間に仙台もようやく梅雨が開けました。
りんさん、暑い夏を一緒に楽しみながら乗り越えていこう。

IMG_4982.JPGIMG_4978.JPG

ポケモンGOが周囲に広がる。
賛否両論分かれるが、人に迷惑をかけないように楽しめばいい。

ただ僕は登山ですれ違うハイカーの中でイヤホンで音楽を聴きながら
登山するハイカーをポケモンGOのスマホに集中する方を見て
思い出す。

山では風の音を聴いてほしい。
川のせせらぎにも耳を傾けてほしい。
鳥のさえずりにも心を寄せてほしいと。

IMG_4960.JPG

北海道で小さい秋を見つけました。
わずかながら紅葉が始まっていました。
小さく赤く染まる葉が可愛い。

スマホの画面の中より、自然はこの世にはまだまだ見て
触れて感動するものがたくさんあることも忘れないで欲しいと思う。

今、風の音を聴こう。
流れゆく雲を見上げよう
僕らは自然の中で「今」を生きている。
顔を上げて歩こう。


ニックネーム リンパパ at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

文届く。

「友情は 永遠の煌き 青葉風」

大阪の爺から暑中見舞いの葉書が届いた。
爺と勝手ながら呼んではいるものの、僕よりは2回り近く若い。
難病と闘いながらも博士号を取得し、本の出版や俳句を作り続けている。
いやはや素晴らしき天晴れな彼を尊敬しはや10年近くお付き合いを
頂いている。

爺、この句はいいですね・・
煌き・・青葉風・・素晴らしい・・・

いつもありがとう。
今の環境は慣れるまでが大変そうだけど、爺に超えられない壁は
もはや無いから・・
信じて、安心して遠くから見守っています。

a1b511a4-7d69-490f-b2a4-39d85027a1ba.jpg

仙台市内の中心を青葉の風のように流れる広瀬川。
初めて川の上から撮影しました。
この清涼が爺に届きますように。

FullSizeRender_1.jpg

IMG_4877.JPGIMG_4873.JPG

ラベンダーが咲き誇る季節。
森に足を伸ばした。
木々に飾れらたガラスが綺麗に光る。
梅雨明け前のひと時。

IMG_4918.JPG

暑い暑い朱夏はもうすぐそこまで来ている。
今年は焦げるような暑さを楽しもうと思う。

そして明日はまた今年4回目の北海道へと旅立つ。


ニックネーム リンパパ at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

雨の連休。

息子がアメリカに留学し1年が過ぎようとしている。
この5月からはオハイオからテキサスに移り、8月まで僕が務める会社の
本社でインターンをしている。


IMG_0145.JPG
20140917_024939.jpgIMG_0015.JPG

誰も知り合いのいない大学とは違う「職場」で随分と苦労したようだ。
生涯忘れない骨身に染みた3ヶ月となるだろう。
英語力もだいぶ上がったようだ。

その息子が盆明け帰国する。
また1年大学に通い、ようやく彼は社会へと羽ばたく。
日本に帰国次第、親父の墓参りに真っ先に行くという。
ずいぶんと可愛がってもらった記憶だけが残っているようだ。
おじいちゃんの死を海外で聞いた辛さは計り知れない。
咽び泣いてた息子の声を思い出し、今も胸が詰まる。
ようやく墓参りだ。
親父、待っていてな、いつも親父が言ってた「自慢の孫」が行くから。

雲海ベスト(縮小).JPG

岩手山からの鳥海山2.JPG頂上本人.JPG

相変わらず熊が山々に麓に出現する。
昨日も裏磐梯で自衛官が熊に襲われた。

それでも山に登りたい。
山が僕を呼んでいる。

胎内くぐり.JPGラスト300m.JPGお地蔵さん.JPG

今年は多少控えるつもりだが月山と岩手山だけは必ず登る。
土日の人の多いときに紛れて1人登ろうと思う。
そして山頂で親父に会いたいと思う。

20140901_132016.jpg
20140901_121923.jpg

雨雲が続くこの連休。
雨にも負けず、足腰を鍛えに一走りしてきますか・・
山とゴルフをもう少し余裕をもって楽しめるように。



ニックネーム リンパパ at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

そばごよみ。

そうそう秋保で・・と言うか秋保の奥で見つけました。

IMG_4826.JPG

いい感じのお蕎麦屋さん。
これは寄らずにいられない。

FullSizeRender.jpgIMG_4828.JPG

そばごよみがあって、7月の蕎麦は「福井 大野在来」と「長野 上伊那
信濃1号」を日によって変えて作っているらしい。

・・いいね、そばごよみ・・

僕の暦もそうしてめくられていく。

IMG_4834.JPG

IMG_4833.JPG

庭の?というか玄関先の花々も季節に咲き誇る。

IMG_4832.JPG

鉢からこぼれ落ちた芽がまた花を咲かす。

IMG_4835.JPGIMG_4837.JPG

去年5月に1m80cmで植えたエゴノキは2mを大きく超えた。

皆生きている。
育つ、伸びる。
温かいっていいなぁ〜。

IMG_4829.JPG

りんさん、またまた寝る。
おおきなイビキをかいて安心して眠る。

安心して眠ればいい。
そっと包み込むようにりんをそっと抱きしめる。

言葉も理屈も生きる意味もどうでもいい。
今日も温かい温もりをもって過ごすこと。
意味も要らない。

1度しかない人生。
生き切ること。
そうして僕はまた今を明日を生きる。

答えはその先にきっとある。

IMG_4823.JPG
ニックネーム リンパパ at 21:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

伊達奥座敷、秋保磊々峡にて。


先週木曜日と金曜日会議で東京に滞在し、またもや朝な夕なに
皇居ランナーのふりをした。
今回は17:00時前に城内に入り、天守閣跡も見る事が出来た。

IMG_4776.JPGIMG_4774.JPG

ここから城下を見渡し、歴代の徳川将軍は何を考えていたんだろう・・
世の繁栄か人々の穏やかな暮らしか・・
はたまた自分の保身か・・
清い心であったことを願いたいと思った。

IMG_4788.JPG


IMG_4772.JPG

やっぱり僕は石垣が好きだ。
ひとつひとつ形の違う石が積み上げられていく。
この石も一説では静岡などの遠方から運んだと伝えられる。
当時の城の普請とは凄い金力と労力と権力が相まってできた業なんだろう
と改めて思った。

IMG_4823.JPG

思うように登山が出来ず苛立つ中、日曜日は素晴らしい好天に恵まれた。
ストレスは頂点に達し、せめて自然の中を歩きたいと思い立ち
自宅から40分程度の渓谷を歩くことにした。
その名も「磊々峡」。(らいらいきょう)
仙台奥座敷、秋保温泉の川沿いにある600Mほどの短い渓谷だ。

IMG_4811.JPGIMG_4812.JPG

やはり自然はいい。
対岸の滝はマイナスイオンの中に僕を包み込む。

IMG_4820.JPG

紫陽花も綺麗だ。
青、白、緑の紫陽花が僕を和ませる。

IMG_4816.JPG

自然はいいなぁ〜
花はいいなぁ〜

高村光太郎の詩が身体に流れる。

「人は野をおもひ 山をおもふ」と。

IMG_4825.JPG

帰り際、「恋人の聖地」なる看板を見つける。
橋から川を覗き込むと岩にハートの穴が・・・

自然が数千年かけて育んだプレゼント。
自然はいつの世も人間の想像を絶する作品を作る。
秋の紅葉時期にはライトアップされる磊々峡。
秋にりんを連れてまた紅葉狩りに訪れるとしよう。

相も変わらず暗いニュースが流れる昨今。
ハート溢れる温かい世の中となりますよう・・

仙台奥座敷、秋保磊々峡にて。




ニックネーム リンパパ at 15:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

ほほえみの御仏、半跏思惟像。

IMG_4741.JPG

地球に生きる現在最も大きな生物。
「シロナガスクジラ」大きいクジラで30mを超え、平均では26mの
大きさを誇る。
一説では過去の恐竜も含めても地球最大の生物と言われ100年から120年の
寿命と言われる。

IMG_4742.JPG

原寸大の大きさで作られた上野にある国立科学博物館横に展示されている
クジラを先週初めて見た。

一言、さすがにデカい。
実際に泳いでいる姿を海でいたらまさに圧巻であろうと思う。

近くにある国立博物館で現在展示されている国宝を見たくて
仕事の合間の猛暑の中、上野に立ち寄った。

韓国との国交50周年を記念し両国の国宝を持ち寄り両国で開催された
「ほほえみの御仏 半跏思惟像」を見学した。
韓国は国宝78号の半跏思唯像、日本は奈良の中宮寺の国宝の半跏思惟像が
選ばれ、向かい合うように並び多くの人が見学に訪れていた。

FullSizeRender.jpg

鳥肌が立った。
どちらも今から約1400年ほど前に作られたものだが、この穏やかな表情、
深み、やすらぎ・・
出家前の釈迦の像とも弥勒菩薩とも言われるが、両国で1400年前に
作られたこの御仏に込められた願い、技術は時空を超えて
僕らに安らぎと感動を与える。
この2つの御仏を見て国の違いはあっても言葉は違くても心は一緒で
あることを痛感した。

二度とこの両国が争ってはいけない。
ベストライバル、ベストフレンドだ。

IMG_4733.JPG

博物館横に大正天皇に国民が捧げたという立派な西洋式の建物がある。
入口には2匹のライオンがこれまた阿吽で飾られてている。

IMG_4735.JPG

このライオン、実にいい顔をしている。

このライオンに肖りたいと思った。
口を固く閉じて颯爽と風を受ける。
このような強いライオンの姿に愚痴ばかりを口にして
出来ない言い訳だけをあたかも正当化し話す自分。
情けない・・変われない弱い自分が強者の前であぶり出される。

強くなりたい。
強くならなきゃ。

IMG_4752.JPG

いつものメンバーで週末猛暑の中のゴルフを楽しんだ。
本当に楽しかった。
これまではいつもこのメンバーで当然のごとくビリだったけど
今回初めて2人に勝つことが出来て、目標の2桁台を達成できた。

何度も辞めようと思った。
クラブのせいやコースのせいや同伴者のせいにしてきた。
本当に弱くて汚い男だと思う。

でもたった一つだけ。
僕は諦めずに1つの目標を達成した。
ただただひたすらにこれまでお付き合い頂いたメンバーに感謝したいと
思う。

そしてこれも2体の国宝、半跏思惟像のおかげかな。

合掌。

ニックネーム リンパパ at 11:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

6月終わりの出来事。

IMG_4724.JPG

自宅に帰ると熊本の先輩からこれまで見たことのないような
大きな西瓜が届いていた。
熊本は馬刺しだけではなくて、西瓜が有名だ。
支援物資の御礼にと自筆のお手紙が添えられていた。

お米が美味しかった・・
手紙が嬉しかった・・
涙が出た・・
熊本地震を経験して東日本大震災がどんなに恐ろしかったことかと
家族で話している・・・

先輩、ありがとうはこちらですよ。
少しでもあの時の恩返しできたことがどれほど嬉しかったことか。
さっそく御礼の電話を入れて互いにありがとうを言い合った。

IMG_4653.JPGIMG_4646.JPG

ベッドの窓が揺れるほどの爆音が響いた。
とてつもない数の救急車や消防車が集まった。

仙台人が愛す「広瀬川」に誰かが流されたらしい。
ヘリコプターが川擦れ擦れまで下がり、両端から救助隊が今にも川に
飛び込むような姿勢で川に流された人を探す。

その緊迫した様子に胸が熱くなった。
1人の命の重さ。
懸命に何度も何度も繰り返し救助者を探す。

「命は何よりも重い」

結局自力で上がったのか?新聞にもテレビに流されずこの事件は終わった。
無事であったことを祈る。

IMG_4688.JPGIMG_4682.JPGIMG_4677.JPG

市内の小山を久しぶりに走った。
ジムと違ってやはり外を走るのは気持ちがいい。
木々や花々が眩しい。

「街を今を駆け抜ける」

IMG_4149.JPGIMG_4147.JPG

りんさんに初めてオムツをした。
家の床が傷むほどおしっこを漏らし1年が過ぎて決断した。
目の見えないりんさん、聴力も嗅覚も衰えたりんさんにはもう
これしかなかった。
幸いりんさんはそんなに嫌がらず我慢していてくれている。

「協力しあおうね」
「我慢しあおうね」

助けあって支え合ってりんさんとこれからを生きる。
僕もいつかはオムツをするだろう。
3月に亡くなった親父も12月から病院でオムツに変わった。

IMG_4675.JPG

生まれてオムツをした赤ちゃんが老いてまたオムツに帰る。

人生それでいい。
この余生を紡ぎながら辿りながら確かめながら歩いていく。
青春、朱夏を過ごした。
白秋の人生、もう少し噛みしめてみたいと思う。

「白秋の今を生きる」
玄冬までもう少し・・・。




ニックネーム リンパパ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ゴルフと読書。

ようやくホイアンボケから身体が日本の梅雨じめじめモードに
慣れようとする中、胃袋はまだホイアンを恋しがる。

IMG_4645.JPG

辛目の貝ベースの「PHO」。
いわゆる「フォー」。
この日本円30円もしないで持ち帰ったインスタントがやたらと美味い。

ホイアン5大名物の一つ、その姿から名前がついた「ホワイトローズ」を
思い出してしまう。

IMG_4401.JPG

いつしかまたあの郷愁の街を歩いてみたいと思う。


IMG_4610.JPG

写真に写る半島は本州最北端、日本一のマグロで知られる
「大間のマグロ」の大間岬。
先週末北海道に入った。

IMG_4611.JPGIMG_4612.JPG

面接などもあったため、珍しくスーツ姿で飛んだが、着いてビックリ!
「寒すぎるでしょ!」
「寒すぎるんでないかい!」
街にはコートを着ている人も!!

IMG_4613.JPG

仕事を早く終わらせ、居酒屋に駆け込み「熱燗」を流し込む。
熱燗に肉豆腐、鯛の刺身がしっかりと脇を固める。

IMG_4616.JPGIMG_4617.JPG

これまでにないくらいゴルフを練習している。
一昨日はレッスンを夜仕事が終わった後に受けて10時くらいに
自宅に帰り、翌朝5時から練習に出かけた。
ほんの少しづつだけどこれまでにない球筋や距離が出るように
なってきた。

IMG_4641.JPG

昨日ようやく念願がかない世話になっている先輩と初めて回った。
先輩のホームで磐梯山を見ながら回った。
予想以上に狭く難しいコースだったけどなんとか自己ベストを
更新することができた。
ロング、ミドル、ショートで全てをパーを取れたことも嬉しい。

IMG_4208.JPG

ほんとうにゴルフは難しく深い。
大の大人が生涯をかけてプレーするだけの事はある。

IMG_3993.JPG

ゴルフと仕事の合間に久しぶりに1週間で3冊の本を読んだ。
横山秀夫にズッポリとはまっている。
あらためて「半落ち」を読んだ。
僕は完全に「完落ち」だ。
全てに天晴としか言葉が浮かばない。

今週末から7月だけどまだまだ続くこの梅雨。
雨音を聞きながらゴルフと読書、じっくり、しっかりと楽しもうと思う。

もちろん仕事は全力で・・。
たぶん、きっと(笑


ニックネーム リンパパ at 05:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

イチローと登山。

「人に笑われることばかりしてきた」とイチローは言った。
言葉の重みに彼の苦悩を感じた。
誰も信じてくれなかったことを彼は実現してきた。
それも瞬間でもなく、場所が変われど変わらぬ毎日を
長きに渡り毎日を積み上げてきた。
イチローの目力に言葉以上の思いを感じた。

少なくとも僕が生きている間では最高のバッターであったと思う。
多くの事を教わった。いっぱいの勇気を貰った。
ありがとう、イチロー。

IMG_4400.JPG

ダナンから戻り秋田、東京と回り、今日から札幌に飛ぶ。
一昨日、山形県庄内において気になる話を聞いた。

IMG_0108.JPG

お客様の知り合いが登山途中、熊に襲われ大けがをしたらしい。
幸い命は助かったものの、かなりの重体らしい。
秋田ではすで4人の命が奪われている。

IMG_0099.JPG

今月末には青森の八甲田に登る計画をしていた。
今年は少なくとも5つ以上の100名山を制覇したいと考えていた。

お客様は言う。
「当面、平日の登山はやめて土日の人の多い山に人数で登ろうと
思う」と。

僕の場合はほとんど1人登山、
群馬の赤城山で平日早朝1人で登山中、熊の大きな今歩いたような足跡を
発見し、1人逃げ帰った経験もある。

FullSizeRender_1.jpg

鳥海山湖.JPG

登山の先輩に相談しようとは思うが、少なくとも平日の早朝1人登山は
今年は控えることとした。
命を大事にしながら登山を楽しんでいきたいと思う。

胎内くぐり.JPG山中.JPG

それでもやっぱり山が呼んでる。
早く上がって来いと呼んでる。
まだかまだかと呼んでいる。

やっぱり山はいい。
全てを受け止めてくれる。
登山は自分との会話を楽しむ心の旅だ。

ラスト300m.JPGお地蔵さん.JPG

日曜日に仙台に帰り、来週末はゴルフの予定。
2つの趣味を交互に末永く続けられたらと思う。

僕も笑われることの多い人生だと思う。
笑われるをこえて呆れられるほどに。

イチローの爪の垢の万分の1にもならないが、
たとえ人に呆れられても生き切ったということだけは次の世に
持っていきたいと思う。

頂上本人.JPG

兄貴、おふくろ、親父。
許してくれますか?こんな生き方を。

ニックネーム リンパパ at 07:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

Time Messenger

????????????????.jpg

若さが弾けた。
鏡に向かって、少しおすまし。

?l??????.jpg

グレた。
登校拒否時代。
タバコも無理やりやめさせた。

???t????.jpg

酒に目覚め、酔っては暴れた。
自分の思いのぶつけ場所を探した。
夜回り先生のように、毎晩街を探した。

????1-4-1.jpg

更生し、毎日短大に通い青春を謳歌した。

??????.jpg

成人式を迎えた。
その後ろ姿に涙した。

20130912_201538.jpg

燃えるような恋をした。

2011081416280000.jpg

恋の切なさも知った。

?????h???X?g??.jpg?????a?????h???X2.jpg

バージンロードを手をつなぎ歩いた。
声をあげて泣いた。

45号線2.JPG

3.11も一緒に地震から津波から逃げた。
いつも一緒に歩いてきた。

りん顔1.JPG

いつも一緒だった。
そしてこれからも。
ありがとう、りん。
今りんの半生に捧ぐ。
Time Messenger。

?????C7-23.jpg?C?R??.jpg






ニックネーム リンパパ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする