2017年10月18日

稚内にて。

FullSizeRender (51).jpg

一切経山の紅葉の絨毯がいまだ頭から離れず・・・

でも今日は北海道の絶景を。

・・・その前に北海道は鹿がたくさん生息しているが
最北端の町、稚内は鹿が当たり前のように人間と共存している。

IMG_8726.jpgsika1.jpg

雄の角は立派過ぎて、目の前を堂々と横切っていく。
一瞬、恐怖まで感じる。

十勝では多くのレース馬を見かけて車を何度も止めた。

uma.jpg

北海道の大地には馬が良く似合う。

・・・こんな時に一眼レフのD蔵を持ってこない僕はなんと浅はかな
男だろう。

北海道では3つの海と出会う。

日本海、オホーツク海、太平洋。

稚内で見た、知床半島から登る朝日。

siretoko asaihi.jpg

稚内ドームと呼ばれる防波堤から朝日を見つめる。

do-mu asahi.jpg

生きている今を実感する。

そして最北端の岬、オシャップ岬から見える礼文島に沈む夕日。

のしゃっぷ夕日.jpg

地球の自転と一体化する。
時空の刻みが身体に溶け込んでいく絶景だ。

生きている。
生きている。
生きている。

朝日が昇り、夕日が沈む。
この当たり前の繰り返しが人生。
思いのほか早い人生だからこそ、今日も小さい徳を積み上げて
今日も笑おう。
今日も元気に生き抜こうと思う。

kaminoinu.jpg

朝、ホテルを出ようとしたら僕を待つように玄関でじっと待つ白い犬。
とてもお利口さんで何かを僕に伝えたいように見つめる。

りんさんからの伝言ですか?
おふくろや兄貴、親父からの伝言ですか?

わかってますよ。
皆元気な事。
毎日僕に元気を送ってくれている事も。

unnamed (6).jpg

北海道から戻り、また博多、熊本と回る。
そして今日から東京。
ようやくこの出張が終われば出張ロード一段落。

あと10日でバルセロナ、マドリードへと向かう。

サクラダファミリアは僕に何を伝えてくれるのかな?

さぁ、あと10日頑張ろう。
魔女の瞳をお守りに・・・

FullSizeRender (54).jpg


ニックネーム リンパパ at 06:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

魔女の瞳に逢いたくて。

1週間の北海道出張、車で約2500キロを駆け抜けてきた。
日本最北端の稚内での知床から登る朝日、ノシャップ岬に沈む夕日に
心打たれ日曜日ようやく仙台に帰った。

今日はちょっとだけ、稚内編をアップ。

FullSizeRender (59).jpgFullSizeRender (58).jpg


続きは次回に詳細に・・

北海道から帰った翌日、朝5時に福島県の裏磐梯にある、
【一切経山】に登山した。
登山の前に40分ほどのトレッキングで東小富士の噴火口を1週縦断した。

FullSizeRender (51).jpg

登山口までのスカイラインは息を飲むほどの紅葉の世界。
天狗の庭などで何度も車を止めた。

FullSizeRender (52).jpg

現地の方にこの日が最高の見頃と聞いた。
無理して来て良かった。
来週にこの景色はない。


一切経山に登ったのは理由がある。
僕が加入させて頂いている【東北山好きの会 全員集合!】は
会員が2000人を超えるが、いつも【魔女の瞳】に会ってきました!と
写真を添付し、アップしていて、その美しさに悶えていました。

登る途中でも下山者とすれ違いの会話で・・
『辛かったけど、魔女の瞳見たら疲れ取れたね・・』などの
会話が聞こえてくる。

逢いたい・・
この目で見てみたい・・

そして・・

FullSizeRender (54).jpg
FullSizeRender (56).jpg

期待以上の美しさに一目ぼれ!
この日に来て良かった。
まるで絵葉書!
周りの木々がジオラマに見える!
ありがとう、【魔女の瞳】!

あと1時間で家を出て今日は東京で仕事。夕方羽田から博多に入り
土曜日に仙台に戻る。

稚内、博多とまさに北から南まで。

魔女の瞳の残影を胸に行ってくるとしますか・・

そうそう、一切経山の頂上1980Mから安達太良山や月山が大きく見えた。
先に行った家族、りんさんに想いを乗せて小石を積見上げ手を合わせた。
届いてほしい、この想い、また来ますね。




ニックネーム リンパパ at 05:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

彼岸花

先々週末熊本から帰り、仙台で土日を過ごした。
新聞で彼岸花(曼殊沙華)が見頃との記事を見て市内の土手に
駆けつけた。

unnamed (1).jpgunnamed (2).jpgunnamed (3).jpg

白い彼岸花を初めて見た。
とても新鮮で見とれてしまった。
溜息も漏れるほどに。

夏の終わりを告げる花とも言われる。
花が咲くときに葉がなく、花が散って葉が咲くという珍しい花でも
あるようだ。
なんかいい。
そのバランスも。

先週は東京、名古屋と出張した。

unnamed (6).jpg

中部国際空港と仙台空港便は、利用客が少ないとプロペラに替わる。
帰りの便がプロペラとなり、気圧の関係で木の葉のように揺れ動いた。
揺れる中で必死に隣の席で誰かに微笑みながら1時間10分のフライト中
手紙を書いていた若いお嬢さんがとても愛おしく見えた。
誰かへのお礼の手紙かな・・
恋文かな・・・
旅の始まりか終わりかはわからいけど良い旅を続けて欲しいと願った。

名古屋では4時に起きて暗い中を約7キロ走り、熱田神宮を訪ねた。

unnamed (4).jpgunnamed (5).jpg

伊勢神宮と並ぶ、歴史のある、とても日本人に大切にされてきた神社だ。
天皇家の証、日本の神の証である3種の神器の一つ、剣がここに
収められている。

信長も熱田神宮に戦勝を祈念し、奇跡の戦、今川の一戦に勝ったという。

我々一般ピープルは遠くからしか本宮は拝むことはできないが
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が祭られる本宮に祈りを捧げた。

unnamed (8).jpgunnamed (7).jpg


息絶え絶えに週末、仙台に戻り、昨日3週間ぶりのゴルフに行った。
結果はいつも通り・・・・がぁーーーーん・・・

朝も練習してから行き、ビックスコアの気配で行ったがやはり
練習番長から卒業が出来ない。
落ち込みながらも気を取り直し、ゴルフとは修行と考え直し
今朝も5時に練習に行ってきた。


午後の便で熊本に飛ぶ。
水曜日の夜に戻り、木、金は東京に缶詰め。
土曜日仙台に戻り、日曜日にフェリーで愛車と一緒に8日までの
北海道Tourに向かう。

unnamed (2).jpgIMG_7271.jpg

北と南と飛び回る日は続く。
日本の秋をりんの写真を眺めながら一緒に旅したいと思う。


ニックネーム リンパパ at 12:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

城めぐり。

いつものことだけど・・
あっという間に9月も折り返し。
朝晩はもうしっかりと秋。

この10日間で3つの城を回った。

長野の上田城。
やっと真田に触れることができた。
草刈正雄がハマり過ぎた。
昌幸ロスも懐かしいなぁ・・

ueda.jpgsanada.jpg



東京、江戸城。
皇居ランナーのふりをした。

edo.jpg

熊本、熊本城。

kumakoto.jpgkatou.jpgkumakoto2.jpg

3年ぶりの熊本城は予想以上に壊れていた。
熊本地震の凄さを今更ながら痛感する。
熊本県民の心の拠り所。
懸命な工事が進んでいる。
1日も早い復興を願う。

IMG_8398.jpgIMG_8397.jpg


九州、出張時に長崎の社員が急死した。
53歳の若さだった。
今年シンガポールでも一緒だった。
前日まで働いていたという。
朝時間になっても起きてこない主人の様子を見に行った奥さんが
発見したと聞く。

残された奥様やお母さんの気持ちを考えると心が痛む。
人の一生は本当にわからない。

unnamed (4).jpg

今日も徳を積んだか?
今日我慢し。努力したことはあるか?
今日の自分を楽しんだか?
心から笑ったか?
仕事も私生活も自らが楽しむ努力をしているか?

自問自答の日々が今日も続く。

長崎のYさん。
最後まで頑張りましたね。
本当にお疲れ様でした。
安らかにお休みください。

合掌。

ニックネーム リンパパ at 05:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

信州にて。


ようやく幸村を訪ねる事が出来た。
信州真田の里、上田城。
徳川の大軍を2度も食い止めた名城。

IMG_8336.JPG
IMG_8337.JPG

真田に思いを馳せる。
草刈正雄がハマりすぎた。

IMG_8340.JPG

隣町佐久市でピンコロ地蔵様とお会いする。
優しいお顔。
ギリギリまでビンビン元気に生きて
コロッとサヨナラする。
誰にも迷惑かけず幕を引く。

IMG_8343.JPGIMG_8348.JPG

最高のエンディング。
肖りたいと手を合わせた。

IMG_8347.JPG

信州で秋と出会う。
週末には刈られるであろう稲穂。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

まだまだ高い、この頭。
しっかり抑えて、頭を垂れてもう少しこの世に置いてもらうとしよう。

IMG_8352.JPG

11時30分で既に行列の山本屋本店の味噌煮込みうどん。

やはり並ぶだけはある。
次回はトンカツかな?

IMG_8354.JPG

もうお腹が空いてきた(^ ^)



ニックネーム リンパパ at 18:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

夏、過行く・・ひねくれ者のララバイ。

仙台は昭和9年以来の85年ぶりの35日連続雨を記録。
良く振ったなぁ・・
・・というか・・おふくろは9年生まれだから生きていれば85歳か・・

IMG_8244.jpg

ゴルフ場にも山中にも無数の蜻蛉が飛び交う。
蒸し暑い残暑は続くが季節は緩やかに秋へとシフトしている。

IMG_8259.jpg

恒例の10年目、10回目の月山に昨日登った。
生憎のガス、雨、立っていられないほどの突風の中、
大好きなニッコウキスゲがしっかりと出迎えてくれた。

雲の切れ間に微笑んでくれる花々と稜線。

IMG_8274.jpgIMG_8281.jpgIMG_8284.jpg

2000メートルの山頂で神主さんに祈祷して頂いた。
清々しい神主さんの祝詞が空にこだまする。
この世の力が及ばない何かを近くに感じる瞬間だ。

IMG_8275.jpg

あにき、おふくろ、親父、そして・・りんさん。
会いに来ましたよ・・
僕のこの姿が見えますか?
僕の声が聞こえますか?

IMG_7271.jpgunnamed (5).jpg

下山途中になんか、親近感の持てる木に出会い立ち止まる。

IMG_8286.jpg

ひねくれてる。
言葉を換えれば個性だけど・・
なにもこんなに曲がらなくてもいいじゃないかと思いながら
周りに流されずに個性的に生きようよなどと握手して更に下山すると・・

IMG_8293.jpg

もっとひねくれている。
御見それしました・・・
ご立派です。

上には上がいる。
まだまだ天井は高い。
強く、個性的に生きろ。

今年の月山はそんなことを教えてくれました。
そしてそれは先に旅立った家族とりんからの言葉であることも。

さぁ、気を取り直してまた一歩を踏み出しますか?

IMG_8291.jpg

ニックネーム リンパパ at 06:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

りんの15歳の誕生日に。

雨が続く。
仙台は10日以上も太陽が出ない。

unnamed (7).jpg

この雨はあと1週間くらい続くよう。
子供達の夏休みもかわいそうだ。
でも雨の中でも楽しさを見つけて思い出を作って欲しいと思う。

unnamed.jpg

いつの間にか東北の夏祭りも全て終わって
今年は面接と会議に追われた。

unnamed (3).jpg
unnamed (4).jpg

200人以上の応募の中、40名以上を面接し、なんとか3名の新人を
確保する事ができた。
9月からは博多で新人教育に追われる。

お盆は今日まで1日だけ休みを取って、毎日作業に追われる。

unnamed (5).jpg

怪我も続き、もしかしたら作業は今年で引退しようという気持ちが
高まる。
去年出来たことが辛く、時間も多くかかる。
事故は決して起こせないし・・
まだ決心はしきれないけど・・

IMG_5629.JPG

今日はりんの誕生日。
生きていれば15歳の誕生日だった。
りんを亡くして初めてのお盆を迎える。

IMG_5556.JPG

逢いたい。
逢いたい。
逢いた過ぎる。

りん、元気かい?
抱きしめたいよ。
今日は大好きだったチーズを買って帰るね。

りん、誕生日おめでとう!

IMG_2793.JPG
IMG_0131.JPG

今日はお盆最後の工事。
明日からようやくお休みを頂き、墓参りに盛岡に帰郷する。

unnamed (6).jpg

気持ちの切り替えに4時に起きて1時間ほど雨の中ゴルフの練習に行った。
うん、調子がいい。

雨の中でも厳しい仕事の中でも、疲れていても
幸せと笑顔と自分の人生は僕の心にある。

そしてりんの魂、ぬくもりも。

unnamed (1).jpg








ニックネーム リンパパ at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

川面の夕日。

土曜日の目覚めに『アメリカ』の『ヴェンチュラハイウエイ』を
数十年ぶりに聞いた。
ネットで調べると発売から既に30年以上を過ぎているようだ。
僕が中学生の時に聞いた記憶があるので、もしかしたら40年を過ぎている
かもしれない。

unnamed (4).jpg

懐かしいメロディーが僕を旅に誘う。
旅をする時には・・
旅に出かけるときの朝には最高の歌かも・・


unnamed (1).jpgunnamed.jpg

東京の八丁堀で隅田川の夕日を見つめる。
スカイツリーと遊覧船が哀愁を誘う。

翌日は大阪経由で博多に入った。

unnamed (2).jpgunnamed (3).jpg

博多では中州で夕日を見つめる。
白鷺の川面を見る姿にまた哀愁が漂う。

こうして変わらず北に南に飛び回る毎日が続く。

博多で朝のジョギング中にお寺の前で足が止まった。

unnamed (7).jpg

いい言葉ですね。
どんな時にも僕の人生はここにあるんですね。

雨の土曜日、カッパを着こんで雨に濡れて少し歩いてこよう。
雨の日もまた楽しい。
そう僕の人生は今ここにある。

IMG_5284.JPG



ニックネーム リンパパ at 11:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

鉄爺、生き抜いて。

北海道から帰ったその足で工事に駆けつけ、
大変お世話になってる先輩のお父さんの葬儀に駆けつけるため
工事を夜中に行い午前山形から仙台に車で戻り新幹線で大宮経由で
夕方の6時の通夜に駆けつけようと少々慌てた仕事をしていた明け方、
ついに梯子から落ちてしまった。

IMG_8050.jpg
IMG_8044.jpg

腰と肩と首を強打した程度でなんとか済んだが
身体にはいまだダメージが残っている。

仙台まで車で戻り病院で応急手当をして新幹線に駆け込んだ。
立っていても座るのも苦痛で脚は腫れあがり礼服が通らなかったので
普通のスーツで参列した。

お坊さんを呼ばない無宗教の通夜だったが、なんとか駆けつけることが
出来て良かったと思っている。

IMG_8022.jpg

雑草のように逞しくと思っても
やはり押し寄せる年には勝てない。

でも元気に老いて見せる。
鉄のような熱いジジイになって見せる。
たかが齢54歳。
65歳を健康、筋肉のピークに持っていき、100名山を登り切り
スコア90を切ったゴルフライフを過ごして見せる。

IMG_7782.jpg

最近昔流行った【大事マンブラザーズバンド】の【それが大事】を
良く聴いている。


負けないこと。
投げ出さないこと。
逃げださないこと。
信じぬくこと。
駄目になりそうな時、それが一番大事。

IMG_2942.jpg
IMG_2793.JPG

頑張るよ、りん。
逃げずに諦めずに全部を受け止めて。

IMG_6660.JPG

だから人生は儚くも美しい。
生き抜いてこそ。

ニックネーム リンパパ at 17:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

京都、東京、北海道と。

シンガポールから戻り、ひたすら溜まった仕事をこなしている。
念願叶い、京都の朝を2時間半歩き回った。

行きたかった伏見稲荷大社。全国の稲荷神社の総本山、千本鳥居を
渋滞のない朝5時に駆け抜けた。

IMG_7896.jpg
IMG_7899.jpg
IMG_7888.jpg

八坂神社、東寺にも足を伸ばした。
数えきれないほど京都は仕事で来ているが、一度も見ることはできなかった。
東寺では朝の説教に耳を傾けた。
千本鳥居はとても素晴らしい。
朝の静寂の中での京都の歴史的建物はどれも素晴らしかった。

IMG_7916.jpg

東京では両国に仕事で立ち寄り、両国と言えば相撲の聖地。
駅の横にある博物館内の土俵を写メ。

IMG_7933.jpg

実際の土俵と同じサイズと言うが、余りにも小さく見えた。
今年こそ生の相撲を見てみたいと思った。
こんな狭い土俵での大男のぶつかり合いは迫力溢れるに違いない。

IMG_7945.jpg

東京から戻ったその足で苫小牧行きのフェリーに駆け込んだ。
5日ほど北海道をかけずり回った。

IMG_7973.jpg
IMG_7962.jpg

札幌、小樽、ニセコを回った。
北海道では記録的な暑さの中を回った。
梅雨のない北海道での暑さはまた内地での暑さと違い、真夏の
日差しと内地にはない青い空が目に焼き付いた。

IMG_7995.jpg

息子の就職が決まった。
京都へ向かう途中に連絡があった。
彼は来年から証券マンとなり、全国を飛び回ることになる。
厳しい世界だと思うが、世の中を知る第一歩としては
とても勉強になる仕事になるとは思う。

昨年から始まった就活。
面接で落ちた回数は数えきれない。
ESを送った会社も50社を超える。

一時は自信も失い、落ち込んだ日をあった。

京都へ向かう途中に【ありがとう、両親の支えのおかげです】と
ラインが入った。

涙で僕は前が見えなかった。

おめでとう。
がんばったね。
あなたは変わらず僕の自慢の息子です。

IMG_7816.jpgIMG_2979.jpg

庭で眠るりんさんもきっと大好きだったお兄ちゃんの内定を
祝っているよ。
いつもどおり、しっぽを大きく振って。

亡き僕の両親、兄貴の喜ぶ笑顔も見えるようだ。

ふと、肩の荷がおりた。
僕も次のステージに向かおうと思う。

ニックネーム リンパパ at 05:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

怒り心頭。

IMG_1204.JPG

ルールとか法律はそこに暮らす者が安全に公平に暮らすために
古来作られ守られてきたものと思う。

バニラエアーだけは許さない。
車椅子の方にタラップを腕の力で降ろさせた事。
社長の謝罪ごときでは絶対に許さない。
社員も乗客もなぜこのようなことを許したのか?
腕の力だけで降りた方の苦痛はどう処理すればいいのか?
これはルールですか?
法律ですか?
そのまえに人間のやる事ですか?

IMG_2027.JPG

人らしくありたい。
今朝東京駅で目の悪い方の手を取って改札口まで
送ってくださった新幹線の掃除スタッフの優しさに朝から涙した。
その先に階段があったため、僕も少しだけど声をかけさせて頂いた。

合掌土偶.JPG

朝仙台を出て神奈川を走り回り今京都に向かう新幹線の車中。
怒り心頭の中、ブログをアップした。

今日は嬉しい事もあった。
明日早起きして、京都をジョギングして、その絵と一緒に
報告したいと思う。

バニラエアー。
絶対に絶対に許さない。
今日は怒り心頭️


ニックネーム リンパパ at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒り心頭。

IMG_1204.JPG

ルールとか法律はそこに暮らす者が安全に公平に暮らすために
古来作られ守られてきたものと思う。

バニラエアーだけは許さない。
車椅子の方にタラップを腕の力で降ろさせた事。
社長の謝罪ごときでは絶対に許さない。
社員も乗客もなぜこのようなことを許したのか?
腕の力だけで降りた方の苦痛はどう処理すればいいのか?
これはルールですか?
法律ですか?
そのまえに人間のやる事ですか?

IMG_2027.JPG

人らしくありたい。
今朝東京駅で目の悪い方の手を取って改札口まで
送ってくださった新幹線の掃除スタッフの優しさに朝から涙した。
その先に階段があったため、僕も少しだけど声をかけさせて頂いた。

合掌土偶.JPG

朝仙台を出て神奈川を走り回り今京都に向かう新幹線の車中。
怒り心頭の中、ブログをアップした。

今日は嬉しい事もあった。
明日早起きして、京都をジョギングして、その絵と一緒に
報告したいと思う。

バニラエアー。
絶対に絶対に許さない。
今日は怒り心頭️


ニックネーム リンパパ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

またね。

unnamed (2).jpg

りんが我が家にやってきた時は本当に手のひらに乗るようで
クリーム色でまだ鼻も短くてレトリバーのようにも見えた。

あれから14年と5か月を一緒に暮らし、りんが亡くなって49日を迎えた。

unnamed.jpg
IMG_7251.jpgIMG_7250 (1).jpg

この間毎日、お骨にドッグフードをあげて、たまには大好きだった
チーズやささみを作ってあげた。

りん、そちらの世界には慣れましたか?
健太やCocoや兄貴に逢えましたか?

IMG_7729.jpg

りんが淋しくないように庭の小さな花壇に今朝納骨した。
りんのお墓は僕のベッドからも見える。

IMG_7816.jpgIMG_7817.jpg

夜になると小さなソーラーが灯る。
淋しくないね、りん。

りんと過ごした14年8か月。

おふくろと最後に交わした会話は『伸、ありがとう』だった。
僕がりんの最後に送った言葉も『ありがとう』だった。

りん、りんがいてくれたから僕の人生も輝いたんだよ。
りんは僕のかけがえの子供。
これからも一緒だよ。
心は永遠につながっているから。

IMG_7271.jpg

unnamed (5).jpg

ありがとう、りん。
またね。


ニックネーム リンパパ at 10:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

シンガポールの2つの蛸壺

unnamed (1).jpg

1週間ほどシンガポールに滞在した。
ホテルはリゾートだが、街は乾いた無機質なまるで東京にいるような
感覚で数日を過ごした。

unnamed (7).jpgunnamed.jpg

世界最大のプールと言われるマリーナサンズベイで過ごした。
3棟からなるホテルの一部は既にだいぶ傾いていると言われているが
世界中から平日でもすごい人が溢れる。
日中はエレベータ前が行列となる。


unnamed (4).jpgunnamed (9).jpg

会議の合間を縫って1日だけゴルフ出かけた。
物凄い蛸壺バンカーに襲われる。
前に出すところか横にも出せないようなバンカーだ。
砂ではないので跳ね返りが危険で打つのも恐ろしい。

unnamed (3).jpgunnamed (2).jpg


それでも焼けるような暑さの中、楽しい時間を過ごした。
スコアはとんでもないスコアだけど。

最終日の夜、マッサージに街に出かけた。
マッサージとつぼ吸いと呼ばれる施工を行った。

unnamed (5).jpg

2週間ほどは背中にあとが残るという。
身体が悪い人ほど赤くなるという。
僕は真っ赤になって、いまだ薄れない。

2つの蛸壺。
それが僕の今年のシンガポール。

unnamed (10).jpgunnamed (11).jpg

日本に帰国すると2週間ほど前に植えたカルミアが奇麗に
赤い花を咲かせていた。

花はいい。

来週末にりんの49日を迎える。
いよいよお墓に入れる日が近い。

それでも心は離れない。
地球の裏側に行っても何千キロ離れても
生きる時間や世界が違っても僕らはいつも一緒。

今の僕にはそれがわかる。
真実を見た者には別れなどない事が。

いつも一緒。
ありがとう、りん。
さぁ、今日はどこにいこうか?


ニックネーム リンパパ at 11:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

1か月。

大阪に先週3日ほど滞在した。
あいにく雨が続き、大阪城までのランニングは断念した。

sonezaki.jpgbiriken.jpg

久しぶりに北新地を1人でゆっくり歩いた。
僕が住んでいた27年前とはまるで違う。
それでも相変わらず賑やかな街だ。
元気な街に1人自分を置いてみるのも今の僕にはちょうどいい。

minoo.jpgkarasi.jpg

大阪時代が僕の折り返しの年となったとふと思った。
あれから27年、僕は54歳になった。
あの頃の僕には今の自分の欠片も見えなかった。
27年後の自分が仙台に暮らしているとは当時は夢にも思わなかった。
想像をはるかにこえたその後の27年を過ごした。

huki.jpg

金曜日に仙台に戻り山形にその足で向かった。
気温差は14度。
年寄りには応える気温差だ。

道の駅で朝採りの蕗を買った。
あく抜きをして、筋を取り、麩と鯖と和えた。

蕗の匂いがたまらない。
やはりスーパーの水に入った出来上がったものとは全くの別物。
手をかけるから美味しいんだね。
料理にかける時間。
りんを亡くしてからの僕はそんな料理にかける時間も愛おしい。

karumia.jpgniwa.jpg

庭にカルミアの木を植えた。
赤い花びらが可愛い。

花言葉は【大きな希望】だそうだ。

IMG_2793.JPG

りんが旅立って今日で1か月。
早いも遅いも僕にはわからない。
ただひたすらにりんが愛おしい。
りんに逢いたい。


NCH.jpg

週後半からシンガポールへ1週間ほど出張する。
少しでも元気になって帰ってきたいと思う。


ニックネーム リンパパ at 06:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

雨の母の日に。

りんに万が一のことがあったら、
3ヶ月くらい仕事を休んで旅に出る。
それがいつもの僕の口癖だった。

情けないね、でも実際は何処にも行けなかった。
仕事を長期間どころか、平日1日も休めないままこの週末を迎えた。

jibun1.jpg

3日ほど前から体調を崩して、微熱と咳と喉へのドリルような痛みと
関節が悲鳴をあげている。
久しぶりだなぁ、風邪引いたのも・・

sakura.jpg

昨日から冷たい雨が降る。
2日続く雨も今年初めてかなぁ・・

IMG_2940 (1).jpgIMG_2942.jpg

来週末は1年に1回の会社のキックオフ。
全社員が一堂に集まる。

その2週間後、アジア本社のあるシンガポールへ向かう。
1週間ほど滞在する予定。

sinagpole.png

このポカリと空いた穴は何をしても何処にいても埋まることは
ないけれど、時間をかけて少しづつ埋めていくしかない。

hanabi.jpg

兄の形見の棟方志功の花火の版画。
たぶん兄貴が生前一番高いお金を出して買ったものだと思う。
本当に好きだったんだろうなぁ、この版画が。
おふくろに嫌味言われながらローンで買ってコツコツ払ってたのを
覚えている。
久しぶりにゆっくり眺めた。

花火は元々が鎮魂のために始まったものと聞く。
吉宗時代に大飢饉で亡くなった方々のために上げたのが
始まりとも・・

ならば、
届け、今りんにこの想い。
届け、母に、兄に、父にありがとうの言葉と共に。

今日は母の日。
仏壇の母と、りんさんの骨壺にそっと花を捧げた。



ニックネーム リンパパ at 11:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

初七日を過ぎて。

IMG_7250 (1).jpg

りんの初七日が過ぎた。
いまだ変わらず、朝晩はりんのごはんを作り、りんの小さな
仏壇にあげる。

IMG_7251.jpg

GWはがむしゃらに仕事をした。
今日は久しぶりの休みとなる。

IMG_7252.jpg

火葬前に息子が東京から駆けつけた。
息子はりんに寄り添って火葬までの1時間を共に過ごした。
始めは受け入れられなかった息子も火葬の最後の別れでは
号泣した。

unnamed (1).jpg

深い悲しみは消えず咽ぶ日々を過ごすが、
りんはいつも僕の心にある。

unnamed.jpg

この7年で4回の火葬に立ち会った。

unnamed (3).jpg

ありがとうの言葉しか出てこない。

IMG_7271.jpg


共に過ごした大切な日々を辿りながら思い出しながら
手を胸にあてて僕の心で生きる先に旅立ったみんなと
顔をあげて踏ん張って歩いていこうと思う。

unnamed (2).jpg

ありがとう、兄貴。
母の日が近いね、おふくろ。
親父、元気かい?
そしてりん・・

こっちの世界では1人になってしまったけど
またいつか会おうね。
いつかまた一緒に走ろう。
ありがとう、りん。
もう泣かないよ、泣かないから。


IMG_7260.jpg

ニックネーム リンパパ at 05:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

虹の橋。

佐々木 りん。
享年、14歳と8ヶ月。
平成29年4月29日午前12:50分、永眠しました。
僕の腕の中で息を引き取りました。

生前の皆様からの愛情にりんに変わり
心より厚く御礼申し上げます。

DSC_1242.JPG

image.jpg

りん、ありがとう。
またりんを愛してくれた皆さん。
本当にありがとうございました。

合掌。
ニックネーム リンパパ at 02:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

三寒四温の日々。

今朝の冷え込みはきついなぁ〜
寒さに耐えられず先ほど暖房を入れた。
それでも日中は20度近くまで今日の仙台は上がる予定だ。
先週の東京は28度。
腕まくりをして都内を駆け回った。
まさに三寒四温。
50半ばを迎えたオヤジにはきつい季節だ。

unnamed (7).jpg

あと1週間で5月となる。
今年も4割が終わる。
仙台の桜も葉桜に変わった。

unnamed (6).jpg

東京で就活に駆け回る息子にあった。
ブログを始めた時はまだ小学3年生。
それが今では23歳、5月には24歳になる。

仙台もそうだが都内は就活生で溢れる。
リクルートスーツに身を固めた若者たちを多く見かける。
多い人では100社近く面接に応募し、それでも就職が決まらない。
予想以上に厳しい戦いであったことに息子も気付いた。

何社も断られる。
面接すらも受けられない。
毎日説明会に参加し、エントリシートを書き続ける。
落ち続けることで自信も無くし、
自分は社会に必要とされていないのか?
自分の売りは何か?
日々悩み続ける。

unnamed (9).jpg

息子のラインに写真を送った。
この写真は広瀬川の土手の壁だ。
彼は幼稚園の頃、この壁に登れず何度も何度も挑戦した。
今見ればあまりに低い。
人生なんてそんなもんだと。

珍しく息子からすぐ返事が来た。
『ありがとう』。
彼の気持ちがわかった。

unnamed (8).jpg

りんは一進一退を繰り返す。
体重も落ちて覇気は感じられず目も一点を見つめる。

りんも戦っている。
息子も戦っている。
兄弟のように育った彼らが場所は離れても一緒に戦っている。

頑張れ、りん。
出来るよ、息子。
大丈夫。
乗り越えられない壁などない。

unnamed.jpg

人生は三寒四温のように笑いと涙を交差しながら時を進めていく。
それは誰しもが公平に同じく。
だからこそ人生は儚くも美しい。
そうして時は巡り来年も桜は花開く。

明後日からまた大阪。
僕も僕の戦いを続けるとしよう。
彼らの努力に決して恥じないように・・。

ニックネーム リンパパ at 06:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

NAMIDA HABAKARAZU.

unnamed (3).jpg

舞浜に4日投宿し、国際的なホテルの会議と勉強会に出席し
少しばかりセミナーもさせて頂いた。

シンガポールと韓国から僕の上司も出席し
なんとか5日間をやり遂げた。

unnamed (2).jpg

仙台に帰ると仙台は今桜満開。

厳しい冬を乗り越える東北人には、桜に募る想いは他の地域の
人よりも強いように思う。

unnamed (4).jpg

枝垂桜が赤く咲き誇る。

unnamed.jpg

ソメイヨシノの白い桜もまた深く心に染み入る。

りんさんの様態が著しく加速し悪化の一途を辿る。
午後獣医に家人が連れていったところ
『覚悟が必要です』と告げられたと連絡を受けた。
家人が泣いているのが電話口からわかった。

電車にも乗れなかった。
仙台駅から歩いて帰った。
一目憚らず泣いて自宅へ向かった。

兄を亡くし、母を亡くし、昨年父を亡くし・・
そして今約15年共に生きたりんを時は僕から奪おうとしている。

unnamed (5).jpg

勘弁してよ、もう。
もう許してよ。

スーパーに寄って鶏肉売り場に行ってささみを見たら
また号泣した。

帰ってりんを抱きしめた。
ありがとうの言葉しか出てこない。

僕らは一緒に生きた。
そしてこれからも一緒に生きていく。
互いに身体は無くなっても。
共に共にこれからも生きていく。

りんの目にはもう桜は見えないけど
明日りんを抱いて花見に行く。

りん、もうちょっと頑張ろう。
もうちょっとね。
僕の腕の中で。

わんみやはまだ終わらない。
終わらせない。

ニックネーム リンパパ at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする