2016年06月18日

イチローと登山。

「人に笑われることばかりしてきた」とイチローは言った。
言葉の重みに彼の苦悩を感じた。
誰も信じてくれなかったことを彼は実現してきた。
それも瞬間でもなく、場所が変われど変わらぬ毎日を
長きに渡り毎日を積み上げてきた。
イチローの目力に言葉以上の思いを感じた。

少なくとも僕が生きている間では最高のバッターであったと思う。
多くの事を教わった。いっぱいの勇気を貰った。
ありがとう、イチロー。

IMG_4400.JPG

ダナンから戻り秋田、東京と回り、今日から札幌に飛ぶ。
一昨日、山形県庄内において気になる話を聞いた。

IMG_0108.JPG

お客様の知り合いが登山途中、熊に襲われ大けがをしたらしい。
幸い命は助かったものの、かなりの重体らしい。
秋田ではすで4人の命が奪われている。

IMG_0099.JPG

今月末には青森の八甲田に登る計画をしていた。
今年は少なくとも5つ以上の100名山を制覇したいと考えていた。

お客様は言う。
「当面、平日の登山はやめて土日の人の多い山に人数で登ろうと
思う」と。

僕の場合はほとんど1人登山、
群馬の赤城山で平日早朝1人で登山中、熊の大きな今歩いたような足跡を
発見し、1人逃げ帰った経験もある。

FullSizeRender_1.jpg

鳥海山湖.JPG

登山の先輩に相談しようとは思うが、少なくとも平日の早朝1人登山は
今年は控えることとした。
命を大事にしながら登山を楽しんでいきたいと思う。

胎内くぐり.JPG山中.JPG

それでもやっぱり山が呼んでる。
早く上がって来いと呼んでる。
まだかまだかと呼んでいる。

やっぱり山はいい。
全てを受け止めてくれる。
登山は自分との会話を楽しむ心の旅だ。

ラスト300m.JPGお地蔵さん.JPG

日曜日に仙台に帰り、来週末はゴルフの予定。
2つの趣味を交互に末永く続けられたらと思う。

僕も笑われることの多い人生だと思う。
笑われるをこえて呆れられるほどに。

イチローの爪の垢の万分の1にもならないが、
たとえ人に呆れられても生き切ったということだけは次の世に
持っていきたいと思う。

頂上本人.JPG

兄貴、おふくろ、親父。
許してくれますか?こんな生き方を。

ニックネーム リンパパ at 07:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自由が一番だと思うよわーい(嬉しい顔)
Posted by munixyu at 2016年06月18日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4150668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック