2015年12月15日

親父の入院

「ジムでも行こうか・・」とソファを立ち始めた土曜日の午後、
携帯が鳴った。
親父を運ぶ救急車の中ら、救急隊の方が電話をくれた。
携帯中にサイレンの音が響き渡る。

「呼吸困難で今中央病院に向かっています。至急向かって頂けますか?」と。

IMG_2839.JPG

心落ち着かせ、盛岡へ向かう。
幸い意識があり、原因不明の急激な衰退と癌の手術による感染症の
疑い、癌の再発など様々事が考えらるとの説明を医師から受ける。
当面、点滴で体力をつけながら原因を探ることとなる。
もし退院が出来るなら、仙台の病院に転院したい旨も伝え、入院の準備を
行った。

IMG_2841.JPG

日曜日夕方仙台に戻った。
身体がやけ重い。

昭和の男は骨太だ。
50キロを切って板のようになった親父を支えながらも
骨の太さに改めて驚いた。
この太い骨で80年以上生き抜きてきたんだ。
きっと大丈夫。
早く退院して仙台で一緒に暮らせばいい。

IMG_2831.JPG

寒暖が続くが朝は車の窓も凍る。
広瀬川の土手も白く凍てつく朝となった。

IMG_2832.JPG

そんな白い土手をりんと二人でゆっくりと歩く。
今年の色々な出来事や、これまでの様々な想いが心から放たれる。
悲しみ、苦しみ、楽しみ、笑顔、過去、未来がうねりながら空に
舞い上がる。
これらの想いはいつもうねっていて、一緒なのが人生で人はいつも
このうねりの中を歩いているんだなぁ・・と空を見上げた。

IMG_2833.JPG

庭に植えた木々が成長を続ける。
光を求めて今日も手を伸ばしつける。

親父、このエゴノキのように光に手を伸ばそう。
親父の骨太の人生はまだまだ。
これから新しい幕が上がるんだ。
ゆっくりと一緒に歩いていこう。
さぁ行こうか、長い老老介護の二人三脚の旅に。

IMG_2830.JPG

ニックネーム リンパパ at 06:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病気関係のことは知り過ぎていて
言いにくいんだけど、楽しくやっていってください。応援していますGood
Posted by munixyu at 2015年12月15日 12:19
お父様のお加減如何でしょうか、
一日も早く回復されてりんさんとまったり過ごせるよう
お祈りしています。
Posted by くぅママ at 2015年12月16日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4107856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック