2017年07月29日

川面の夕日。

土曜日の目覚めに『アメリカ』の『ヴェンチュラハイウエイ』を
数十年ぶりに聞いた。
ネットで調べると発売から既に30年以上を過ぎているようだ。
僕が中学生の時に聞いた記憶があるので、もしかしたら40年を過ぎている
かもしれない。

unnamed (4).jpg

懐かしいメロディーが僕を旅に誘う。
旅をする時には・・
旅に出かけるときの朝には最高の歌かも・・


unnamed (1).jpgunnamed.jpg

東京の八丁堀で隅田川の夕日を見つめる。
スカイツリーと遊覧船が哀愁を誘う。

翌日は大阪経由で博多に入った。

unnamed (2).jpgunnamed (3).jpg

博多では中州で夕日を見つめる。
白鷺の川面を見る姿にまた哀愁が漂う。

こうして変わらず北に南に飛び回る毎日が続く。

博多で朝のジョギング中にお寺の前で足が止まった。

unnamed (7).jpg

いい言葉ですね。
どんな時にも僕の人生はここにあるんですね。

雨の土曜日、カッパを着こんで雨に濡れて少し歩いてこよう。
雨の日もまた楽しい。
そう僕の人生は今ここにある。

IMG_5284.JPG



ニックネーム リンパパ at 11:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

鉄爺、生き抜いて。

北海道から帰ったその足で工事に駆けつけ、
大変お世話になってる先輩のお父さんの葬儀に駆けつけるため
工事を夜中に行い午前山形から仙台に車で戻り新幹線で大宮経由で
夕方の6時の通夜に駆けつけようと少々慌てた仕事をしていた明け方、
ついに梯子から落ちてしまった。

IMG_8050.jpg
IMG_8044.jpg

腰と肩と首を強打した程度でなんとか済んだが
身体にはいまだダメージが残っている。

仙台まで車で戻り病院で応急手当をして新幹線に駆け込んだ。
立っていても座るのも苦痛で脚は腫れあがり礼服が通らなかったので
普通のスーツで参列した。

お坊さんを呼ばない無宗教の通夜だったが、なんとか駆けつけることが
出来て良かったと思っている。

IMG_8022.jpg

雑草のように逞しくと思っても
やはり押し寄せる年には勝てない。

でも元気に老いて見せる。
鉄のような熱いジジイになって見せる。
たかが齢54歳。
65歳を健康、筋肉のピークに持っていき、100名山を登り切り
スコア90を切ったゴルフライフを過ごして見せる。

IMG_7782.jpg

最近昔流行った【大事マンブラザーズバンド】の【それが大事】を
良く聴いている。


負けないこと。
投げ出さないこと。
逃げださないこと。
信じぬくこと。
駄目になりそうな時、それが一番大事。

IMG_2942.jpg
IMG_2793.JPG

頑張るよ、りん。
逃げずに諦めずに全部を受け止めて。

IMG_6660.JPG

だから人生は儚くも美しい。
生き抜いてこそ。

ニックネーム リンパパ at 17:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

京都、東京、北海道と。

シンガポールから戻り、ひたすら溜まった仕事をこなしている。
念願叶い、京都の朝を2時間半歩き回った。

行きたかった伏見稲荷大社。全国の稲荷神社の総本山、千本鳥居を
渋滞のない朝5時に駆け抜けた。

IMG_7896.jpg
IMG_7899.jpg
IMG_7888.jpg

八坂神社、東寺にも足を伸ばした。
数えきれないほど京都は仕事で来ているが、一度も見ることはできなかった。
東寺では朝の説教に耳を傾けた。
千本鳥居はとても素晴らしい。
朝の静寂の中での京都の歴史的建物はどれも素晴らしかった。

IMG_7916.jpg

東京では両国に仕事で立ち寄り、両国と言えば相撲の聖地。
駅の横にある博物館内の土俵を写メ。

IMG_7933.jpg

実際の土俵と同じサイズと言うが、余りにも小さく見えた。
今年こそ生の相撲を見てみたいと思った。
こんな狭い土俵での大男のぶつかり合いは迫力溢れるに違いない。

IMG_7945.jpg

東京から戻ったその足で苫小牧行きのフェリーに駆け込んだ。
5日ほど北海道をかけずり回った。

IMG_7973.jpg
IMG_7962.jpg

札幌、小樽、ニセコを回った。
北海道では記録的な暑さの中を回った。
梅雨のない北海道での暑さはまた内地での暑さと違い、真夏の
日差しと内地にはない青い空が目に焼き付いた。

IMG_7995.jpg

息子の就職が決まった。
京都へ向かう途中に連絡があった。
彼は来年から証券マンとなり、全国を飛び回ることになる。
厳しい世界だと思うが、世の中を知る第一歩としては
とても勉強になる仕事になるとは思う。

昨年から始まった就活。
面接で落ちた回数は数えきれない。
ESを送った会社も50社を超える。

一時は自信も失い、落ち込んだ日をあった。

京都へ向かう途中に【ありがとう、両親の支えのおかげです】と
ラインが入った。

涙で僕は前が見えなかった。

おめでとう。
がんばったね。
あなたは変わらず僕の自慢の息子です。

IMG_7816.jpgIMG_2979.jpg

庭で眠るりんさんもきっと大好きだったお兄ちゃんの内定を
祝っているよ。
いつもどおり、しっぽを大きく振って。

亡き僕の両親、兄貴の喜ぶ笑顔も見えるようだ。

ふと、肩の荷がおりた。
僕も次のステージに向かおうと思う。

ニックネーム リンパパ at 05:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする