2017年06月10日

シンガポールの2つの蛸壺

unnamed (1).jpg

1週間ほどシンガポールに滞在した。
ホテルはリゾートだが、街は乾いた無機質なまるで東京にいるような
感覚で数日を過ごした。

unnamed (7).jpgunnamed.jpg

世界最大のプールと言われるマリーナサンズベイで過ごした。
3棟からなるホテルの一部は既にだいぶ傾いていると言われているが
世界中から平日でもすごい人が溢れる。
日中はエレベータ前が行列となる。


unnamed (4).jpgunnamed (9).jpg

会議の合間を縫って1日だけゴルフ出かけた。
物凄い蛸壺バンカーに襲われる。
前に出すところか横にも出せないようなバンカーだ。
砂ではないので跳ね返りが危険で打つのも恐ろしい。

unnamed (3).jpgunnamed (2).jpg


それでも焼けるような暑さの中、楽しい時間を過ごした。
スコアはとんでもないスコアだけど。

最終日の夜、マッサージに街に出かけた。
マッサージとつぼ吸いと呼ばれる施工を行った。

unnamed (5).jpg

2週間ほどは背中にあとが残るという。
身体が悪い人ほど赤くなるという。
僕は真っ赤になって、いまだ薄れない。

2つの蛸壺。
それが僕の今年のシンガポール。

unnamed (10).jpgunnamed (11).jpg

日本に帰国すると2週間ほど前に植えたカルミアが奇麗に
赤い花を咲かせていた。

花はいい。

来週末にりんの49日を迎える。
いよいよお墓に入れる日が近い。

それでも心は離れない。
地球の裏側に行っても何千キロ離れても
生きる時間や世界が違っても僕らはいつも一緒。

今の僕にはそれがわかる。
真実を見た者には別れなどない事が。

いつも一緒。
ありがとう、りん。
さぁ、今日はどこにいこうか?


ニックネーム リンパパ at 11:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする