2017年01月16日

大寒波。

IMG_6615.jpg

今年1番の大寒波が日本列島を襲う中、僕はTVでも放送された
もっとも雪が多かった山形県の最上地方を走っていました。

真っ白です。
ホワイトアウトです。
道が見えなく対向車線にはみ出た対向車と正面衝突1メートルで
交わして命辛々帰ってきました・・・

IMG_6613.jpg

峠の気温は−6度。

IMG_6605.jpg

アイスバーンというか、もはやスタットレスは意味がなく
本当にスケート場の上を走る感覚でした!

次の日はなんと埼玉で今年初のゴルフ。
着こみに着込んで出かけて行ったらなんと暑い!
午前は汗が出るほどの陽気だったのが・・・

これまた午後から霰というか雹というか頬に氷が突き刺さる!
クラブが持てないほどの急降下の天気と立っていられないほどの
強風が襲う。

リタイアして帰るプレーヤーが多い中、僕らの組は誰も
『帰ろう!』と言い出さない。
喋りもしないで、鼻水をひたすら流しながら回り切った。

大人の遊びはいつも本気!
60を過ぎた先生方のお元気、姿勢にいつもながら脱帽でした。

IMG_6637.jpg

汗かいたり、凍えたり。
まるで僕の人生そのもの。

幸せコップ一杯の理論のように皆いいことも悪いことも
楽しい事も涙することも人生どんなお金持ちも
お金のない人も公平にできている。

齢、50を4つも過ぎるとそんな事も素直に受け入れられる。

泣いたあとには笑顔が必ずある。
笑顔で振り返られる日は誰にも必ずやってくると。

IMG_6642.jpg

今朝の僕の愛車。
仙台では珍しいくらい白く染まった。

34年前の成人式で早朝床屋さんから羽織袴で帰った僕を
おふくろが泣き出して『りっぱになったなぁ・・伸』って
言ってくれた言葉がこの季節はいつも僕の耳にこだまする。

立派になったんじゃないよ。
おふくろが立派に育てくれたんだよ。
ありがとう、おふくろ。

あれから34年経ったけど今でもあの日のおふくろが蘇る。

大寒波が襲った仙台で僕は54歳を迎える。

立派になろう、ほんの少しは。
今年こそはと。

ニックネーム リンパパ at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする