2016年02月27日

もう少し一緒に歩いていいですか?

オハイオにいる息子に、りんさんの写真を送る。

IMG_3252.JPGIMG_3251.JPG

2日後に返ってきた一言。

「りんさん、老けたな。。。」

この若造め!
熟女の素晴らしさを知らん。女心を知らん。
デリカシーのかけらもない、全く誰に似たんだか?と憤る。

「りんさん、もう少し一緒に歩いていいですか?」

松山空港で遂にスターウオーズ機を確保!

IMG_3260.JPG

次は嵐飛行機だなとほくそ笑みながら伊丹空港経由で山形へ。

IMG_3263.JPG
IMG_3269.JPG

狭いようで日本は広い。
山形の前が見えないほどの吹雪に2時間前までいた松山の日差しを
思い出す。
東北人の忍耐力の根本を雪景色から感じた。

「力強い東北人の皆さま、もう少し一緒に歩いていいですか?」

今月15日、親父の意識が無くなり危篤状態に入ったと東京の会議中に
病院から電話を受ける。
僕はそれでも仕事を続けてようやく駆けつけたのが18日だった。
冷たい息子だが、親父は頑張った。
奇跡的に意識を回復し、今は落ち着きを取り戻しつつある。
親父の強さにはいつもながら脱帽する。
肺がんで肺を1つ取っても何度倒れても立ち上がる。
まさに憎まれっ子世に憚るとはこのことだ。
であるなら、親父もっと憚れ!
もっともっともっともっともっと憚れ!

IMG_3258.JPG

松山で見かけたモニュメントが心に留まる。

「親父、もう少し一緒に歩いていいですか?」

あと約2週間で3.11から5年を迎える。
言葉にできない万感が胸をよぎる。
残されたこの命。
大事に生きて生き続けていこうと思う。
たとえどのような日々があったとしても
笑って笑って笑って歯をくいしばって笑い続けていきたいと思う。
そしてほんの少しでも「光」を分け与えていける人になっていこうと
思う。
それが僕の3.11です。

合掌。

DSC_1761.JPG



ニックネーム リンパパ at 04:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

鹿児島紀行

IMG_3134.JPG

北海道から戻って・・・

IMG_3225.JPG

富士山を超えて・・・

IMG_3177.JPGIMG_3185.JPG

九州新幹線に乗り継いで・・


鹿児島、宮崎、長崎、福岡、山口と駆け回ってきました。
鹿児島に着いたその夜・・
桜島が大噴火!!
翌日の桜島は・・・・

IMG_3210.JPG

何もなかったように静か。
鹿児島の人たちはもう慣れっこ!
街はいたって平穏でした・・


「天敬愛人」の西郷どん!

IMG_3194.JPG

会いに来ましたよー!
僕の尊敬する1人です。
あなたのように公平に大きな人間になりたかったなぁ〜
あなたの礼儀正しさ、腰の低さは東北人の中でもすごくファンが
多いんですよ!
決して人を見下したりしたことはない人だったと。
心から肖りたいと思っています。

IMG_3193.JPG

鹿児島市役所から桜島から上がってくる朝日。

北から南まで駆け巡る毎日だけど、どこの街にも人の営みと
優しさが溢れている。
どこの街にも希望と光が輝いている。
どんな事がこの先あっても諦めず前に少しづつ進もう。
鹿児島でこの朝日に思った。

IMG_2793.JPG

りんさんも一緒に行こうね。
手と手と、心と心をしっかりとつないで。

ニックネーム リンパパ at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

寒立馬を南国で想う。

image.jpeg

寒立馬(かんだちめ)と読む。
青森県のマサカリの部分下北半島の尻屋崎に寒立馬は佇む。

寒さと粗食に耐えられように南部馬と外国馬を交配させ足が短く胴が長い農耕馬を作り上げた。
寒立馬である。

僕も南部の生まれ、短足、胴長だけど
寒立馬のような忍耐強さはない。
想像を絶する厳しい風雪に耐える寒立馬の姿に心を打たれる。

ただじっと足を踏ん張り立ち続ける姿は
僕に僕らに世の厳しさ、生きる事の大変さ、そして人間の弱さを身を賭して、厳かに人間に教えているように思えてならない。
本州最南端、鹿児島で想いを雪国に馳せた。

先週は北海道にいたが3月に北海道新幹線が開通する。
東京から約4時間で海の下を走り、函館に着く。
青森から12時間かけて上野まで上京した時代を知っているだけにとても感慨深い。

そして今は先に開通した九州新幹線、サクラに乗りながら僕は今、ブログを書いている。

日本は地球は狭くなった。
時代は人類は進化した。

あ〜、長く生きたな、、って思う。

せめて心だけでも夜汽車に揺られ気分で
三日月でもつまみにチューハイの栓を開けるとしますか、、。



ニックネーム リンパパ at 05:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする