2015年12月26日

りんさんとの晩酌戯言。

IMG_2937.JPG

「お疲れ様、パパ。今年はどんな1年でしたか?」
「いろいろあったけど・・今年もいい1年だったと思っているよ」

「1番楽しかったこと、1番悲しかった事を教えてください」
「難しいなぁ・・1番かぁ・・って・・
りん聞いているの?」

IMG_2936.JPG

「・・ちゃんと聞いてますわい!」
なーんて会話が聞こえてきそうな年末のりんさんとの晩酌タイム。

毎年の事だけど今年も30日まで仕事をして、4日から新年の仕事が
始まる。

IMG_2746.JPG

今週岩手の病院から電話があり親父の担当医師が話しをしたいので
岩手に来てほしいと連絡を受け、駆けつけた。

まとめて言うと、加齢を原因とした老衰により、1年から長くても2年
の余命と覚悟してほしいとのこと、1月中旬には転院し、そこで
様子を見ることが告げられる。

兄もおふくろも駆けつけたら心臓が既に止まっていて、死に目には
合えなかった。
白衣の医師から余命を伝えられるのは結構しんどいものだった。
涙を必死でこらえた。

IMG_2933.JPG

僕はこれから親父に何をしてやれるのだろう?
そして親父は知っている。
親父の目に自分の死期を悟っていることが僕には分かった。
これからじっくり向き合って、静かなる親子の時間を大切に過ごして
いきたいと思う。
そして毎日を懸命に生きて生きて生き抜いて生き残った者としての
役割をしっかりと強く果たしていきたいと思う。
懸命に真摯に明るく生きていく事が親父に対して出来る最大の
親孝行であると信じて。

IMG_2940.JPG

りんさんはもう夢の中・・
一緒に親父を見守っていこうね、今この時を大切に・・。





ニックネーム リンパパ at 06:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする