2015年11月15日

釜山紀行 1.

山が紅い。
紅葉に染まる山々を飛行機がら眺め、アルプスの山々の美しさに
心まで染められ、あっという間に初めて釜山を訪れた。

IMG_2643.JPG
IMG_2647.JPG

釜山を調べずもせず、「釜山港への帰れ」のイメージだけで
釜山を訪れてびっくりする。
そこは韓国2番目の大都会で約500万人が暮らす大都会。

IMG_2661.JPGIMG_2741.JPG

終日セミナーと会議が行われ、なんとか乗り切った。

IMG_2683.JPG

合間を縫って仲の良い先輩と朝6時から市場で買い出し。
部屋に持ち帰り、自分たちで調理し、その街の暮らしに触れる。

IMG_2697.JPGIMG_2696.JPGIMG_2698.JPGIMG_2700.JPG

2泊3日の出張を終えて、昨晩帰宅する。

3週間前に北海道のスタッフのお母さんが亡くなり北海道に駆けつけた。
朝まで一緒に泣いて飲み明かした。

この釜山滞在中の3日の中で2名の方の尊い命が橋を渡った。
最近はその橋への距離が遠い世界ではなく、ドア1枚の隣にあるように
感じる。
齢を重ねるということはきっとこのような悲しみを積み上げていくことなんだろうと思う。

IMG_2746.JPG

だからこそ、今日を今を生きる。
今日を今を大切に生きる。
橋を渡った人々が笑ってそう教えてくれていると僕は信じている。

心より・・今、合掌。


ニックネーム リンパパ at 10:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする