2015年11月27日

広げて下さい。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1739854636248697&id=1679673758933452

このブログを読んだ方にお願です。
アクセスしていただいて、内容を見て頂いて
共感出来たら1人でも多くの方に伝えて頂けますか?

こんなことを続けてはいけない・・
この現実から目をそらしてはいけない・・

彼らが何か悪いことをしたのだろうか?
全ては僕ら人間に責任がある。
僕らと言わず僕自身が出来ることを始めていきたいと思う。

IMG_1265.JPG

ニックネーム リンパパ at 21:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

僕の戦い

10月からジムに通い始めた。
緩みに緩んだお腹に多少腹筋がつき、肩も一回り大きくなって
服がきつく感じてきた。
何をしたいわけでもないけど、自分自身の身体から逃げずに
向き合っていければと思っている。
いつまで続くかはわからなけれど・・・

IMG_2781.jpg

ジムを出て駐車場に戻ると、アル君の隣にピンクのクラウン。
なんか白のアル君とのコントラストが可愛くて、まるで彼女のよう・・
アル君が嬉しそうに見えたのはたぶん、いや間違いなく僕だけだと
思うけど(笑

IMG_2788.JPG

りんさんの穏やかな寝顔。
朝4時の風景・・
この安らかな寝息が僕の大きな力となる。
頑張らなくちゃ。

IMG_2683.JPG

27歳の時、大阪時代に僕の不安神経症は発症した。
地下鉄の壁が倒れてくるような錯覚を覚えたり、何をしても
不安がつきまとい、心療内科の門をくぐった。
言われた病名は極度のストレスからくる「不安神経症」。
それから睡眠導入剤と精神安定剤を飲み続けることになる。
12年ほど前に睡眠導入剤をやめた。
そして今月11月9日から精神安定剤を僕はやめることにした。
約2週間が過ぎた。
釜山出張時が明らかな薬切れのピークで動悸や底冷えするような
不安が襲い、そこにめまいも重なり、呼吸すら辛い瞬間もあったけど
なんとか乗り越えて今日を迎えている。

これは僕の戦い。
僕自身との戦いだ。
勝ちも負けもないけれど、自分の意思でしっかりと地に足を付けて
薬に負けず、薬に左右されない身体を取り戻してみたいと思う。
あり難くも生かされているこの命、全身全霊で生きて生きて生き抜いて
いきたいと思う。
日馬富士ではないけれど、全身全霊で。

IMG_2746.JPG

さぁ、今日もジムに行きますか・・
でもちょっと寒いかな(笑


ニックネーム リンパパ at 15:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

りんばぁ、シンじぃ。

先日法事で訪れた喜多方で1年ぶりだろうか、食べたかったラーメンを
食することができた。

IMG_2776.JPG
IMG_2775.JPG

やはり美味しい。
無駄がない。
食事に限らず「本物」にはいつも無駄がない。
そして言葉も要らない。
本物に出会うたびに自分の偽物がいつも浮かびあがりまた
自己嫌悪が始まる。
ラーメンからの話にしてはちょっと大きいかぁ・・

FullSizeRender.jpgIMG_2780.JPG

りんさんの目はもう明るさも感じなくなってきているようだ。
起きている時間も本当に少ない。
13年一緒に時を過ごした。
一緒に走った。ボールを追いかけた。
遠くまでよくドライブにも行った。
休みの日は朝日を見るために海岸で朝日が登るのを待った。
毎年着物を着て一緒に初詣にもいったね。
ヒルクライムのまるで『春夏秋冬』のような毎日を過ごしたね。
楽しかったね、りんさん。
本当にりんさんでよかったと思ってるよ。

IMG_1154.JPGIMG_1183.JPG

りん婆ちゃんとシン爺ちゃんでこれからも楽しく歩いていこうね
小さな毎日を小さな笑顔をこれからも一緒に積み上げていこう。

IMG_1206.JPG

今年もクリスマスが近い。
イルミネーションも各地で始まった。
いろいろあった1年もいよいよクリスマスの季節。
心温まるクリスマスを1人でも多くの方が過ごせますように・・

りん婆ちゃんとシン爺ちゃんからの小さなお願いです。

from りんばぁ&シンじぃ。

さぁ、今年の冬はどこにいこうか?
秋のもみじも冬の雪もりんと見たい、りんといたい。

IMG_0844.JPG




ニックネーム リンパパ at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

釜山紀行 1.

山が紅い。
紅葉に染まる山々を飛行機がら眺め、アルプスの山々の美しさに
心まで染められ、あっという間に初めて釜山を訪れた。

IMG_2643.JPG
IMG_2647.JPG

釜山を調べずもせず、「釜山港への帰れ」のイメージだけで
釜山を訪れてびっくりする。
そこは韓国2番目の大都会で約500万人が暮らす大都会。

IMG_2661.JPGIMG_2741.JPG

終日セミナーと会議が行われ、なんとか乗り切った。

IMG_2683.JPG

合間を縫って仲の良い先輩と朝6時から市場で買い出し。
部屋に持ち帰り、自分たちで調理し、その街の暮らしに触れる。

IMG_2697.JPGIMG_2696.JPGIMG_2698.JPGIMG_2700.JPG

2泊3日の出張を終えて、昨晩帰宅する。

3週間前に北海道のスタッフのお母さんが亡くなり北海道に駆けつけた。
朝まで一緒に泣いて飲み明かした。

この釜山滞在中の3日の中で2名の方の尊い命が橋を渡った。
最近はその橋への距離が遠い世界ではなく、ドア1枚の隣にあるように
感じる。
齢を重ねるということはきっとこのような悲しみを積み上げていくことなんだろうと思う。

IMG_2746.JPG

だからこそ、今日を今を生きる。
今日を今を大切に生きる。
橋を渡った人々が笑ってそう教えてくれていると僕は信じている。

心より・・今、合掌。


ニックネーム リンパパ at 10:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

エクスプレスの車窓から。

image.jpeg

仙台を出た時は暖かく、オフィスからは青空が広がり
海に浮かぶ、フェリーまで見えた。

郡山で仕事を終えたころ、気温は一気に下がり、ホームで
凍えて新幹線を待った。

東京へ着いて、今成田に向かい車窓から夜景を
眺めている。
郡山でつけたマフラーが暑すぎるくらいまた気温が違う。

暑かったり、寒かったり。
気温差はなんか人生にも似ている。
楽しかったり、悲しかったり。

image.jpeg

明日釜山に成田から向かう。
2泊3日の韓国との合同会議の為、今日は成田に前泊。
スケジュールを見たら、明日到着後、ホテルに入り
直ちに会議が始まる。
土曜日帰る直前まで食事以外自由時間らないようだ。

今週月曜日に移動が命じられた。
北海道、東北を駆けずり回ってきたんだけどなぁ〜
しっかりと結果も出してきたし、わずかながらでも
人も育ててきたんだけどなぁ〜

image.jpeg

寒かったり、暑かったり。
楽しかったり、悲しかったり。

今風に言えば、置かれた場所で咲くしかない。
そして僕は何度でも、どこでも咲いてみせる。

サザンの古い歌が今日は心に馴染む。
さぁ、夜の空港をツマミに今日も傾けますか。

ニックネーム リンパパ at 17:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする