2015年10月25日

りんさんのストレス解消!

IMG_2523.JPG

リビングにゴミ袋・・
やったな・・あいつ・・

IMG_2522.JPGIMG_2521.JPG

りんさんがいない・・
探してもいない・・・
・・・・みぃーつけた!

IMG_2524.JPG

トイレの中に隠れているりんさん。
りんさんの犬生13年、初めてみました。
自分がしでかしたことの大きさを多少はわかっているのか(笑)
よく見るとおしっこもしっかりしてますね。

IMG_2382.JPG

どんなに落ち込んだ振りや反省している振りをしてもりんさんの
立ち直りの早さはギネスもの。
まるで何もなかったように開き直り・・
付き合いますよ、とことん。
こうして13年があっという間に過ぎんたんだから。
この13年のすべての思い出が宝物だから。

IMG_2498.JPG

日本一の高さを誇る札幌の大蔵山ジャンプ台。
高さは90メートル!
人が羽もないのに100メートルを飛んでくる。
まずはその勇気に天晴!
普通の人は滑走路に立つことも出来ないと思います。
やっぱり葛西さんはレジェントなんだなぁ〜

IMG_2497.JPG

スをキージャンプは出来ないけれど
心では大きくジャンプをしたい。
心を解き放って、自分のK点を超えていきたい。
過ぎ去ったすべての時間に感謝を捧げながら静かにゆっくりと
それはまるで光が降り注ぐように・・と願う。

IMG_2501.JPG

10月も最後の週。
今年もあと2ヶ月と1週間。
2015を楽しく締めくくりますかぁ〜
いや、楽しく締めくくらなければいけない!
さぁ、ゴルフの練習だぁ!




ニックネーム リンパパ at 10:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

放浪記 スマホで秋田、北海道から。

今日も4時には目が覚めてしまう。
完全なおじいちゃん化︎
長く寝るのも体力がいる。
今日は、北海道、室蘭のホテルのベッドだ。

image.jpeg

週末、とても可愛いトイプードルと
とあるバーで出会ってしまった。
かしこく、おとなしく、バーのカウンターで
飼い主さんの腕に抱かれて居眠り続きを読む
ニックネーム リンパパ at 05:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

軸と糸。

今年もあと2か月と半分。
今週には12月10日前の母の3回忌の予約を決めなければいけない。
年が明けると3月17日の兄の7回忌の日程もお寺と話し合うことになる。
早いなぁ〜・・
でもお陰様で母と兄貴の命日というか大事な法要を達成できそうな
、出来うる責任を全うできる自分に少しながら生き続ける意味を
見つけたような気も勝手ながら思う。

気仙沼の少年.JPG

夢中とか無邪気という言葉が好きだ。
理由も理屈も過去も未来もなく、今を笑える。
夢の中、真っ白な心。

20130714_102648.jpg

時代は混沌とし、世の中は複雑と利便性を好む。
だからこそ、よりシンプルに笑いたい。

ゆめごごち.JPG

情熱の彼方にあるものを気を静めながら探していきたい。
探し続けていきたいと思う。

IMG_0192.JPG

軸という全ての計りを超えて・・
そして糸という呪縛と闘いながらも。



ニックネーム リンパパ at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

主人公。

「時には想いで行きのガイドブックに任せ
あの頃という駅で降りて昔通りを歩く。
いつものテラスにはまだ時の名残が少し・・」

IMG_2402.JPG

アメリカの息子からラインで写真が送られる。
ラインは凄いですね、無料で国際電話も全く不自由なく使えるし、
息子の声もすぐそこに聞こえる。
僕が暮らしていた頃の20年前は1通話数千円は取られてたなぁ・・

IMG_2401.JPG

息子からの写真を眺めていたら、さだまさしの「主人公」という歌が
頭を流れた。

「あなたはもしもなんて嫌ったけど
時を遡るチケットがあれば欲しくなる時もある。
あそこの分かれ道で選び直せるならば・・

あなたは教えてくれた。
小さい物語でも自分の人生の中では誰もが主人公だと。」

IMG_2406.JPG

小さい人生とか大きい人生とかは僕には分からない。
わからないけど、永遠の眠りにつくまでは誰もがその人の人生の
かけがえのない主人公なんだと思う。

IMG_2369.JPG

りんもりんさんの犬生のたった1人の主人公。

IMG_2371.JPG

息子も息子の人生の主人公。
野に咲く名もない花の短い命もその花の主人公。
皆、生きとし生けるもの誰もが主人公。

歯を食いしばり、もう少し主人公を続けていきたいと思う。

ニックネーム リンパパ at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

彼方に。

IMG_2400.JPG

㋄1日に植えたエゴノキ。
小さいに庭にそっと植えた。
185cmだった背丈が軽く2mを超えた。

IMG_2398.JPG

僕の部屋の窓辺に置いている草花。
今日も朝日に笑う。
プミラより小さかったパープルコンパクタはこの2年で
プミラの背丈を追い越した。

時はゆっくりともしっかりと流れている。

IMG_2390.JPG


IMG_2389.JPGIMG_2394.JPGIMG_2395.JPG

棟方志功が好きで前から機会があれば見たかった「二菩薩釈迦十大弟子」
が新青森駅に飾られていた。
志功の代表作と言われ、彫った自分が奇跡と言ったとも言われる。
志功はこの彼方に何が見えていたのだろう。

女性が作ったねぶた、「不動明王」を題材にしている。
執念、怒り、恨みが滲み出ている。

この2週間、人生でこれほどまでに蔑められた事のない日々を送った。
そしてすべてが終わった。
全てを飲み込むことにしようと思う。

IMG_2371.JPG

りんの彼方にも明日がある。
明日を無くした人たちのためにもこの命、しっかりと生き抜いていきたいと思う。

彼方を見据えて。



ニックネーム リンパパ at 07:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする