2015年09月19日

光。

朝3時に家を出て、雲の上に立つ。

IMG_2303.JPG

本当は沼尻から登る予定が、115号線が会津地方に入ると凄い霧と雨で
引き返し、二本松の岳温泉登山口から頂上を目指す。
あと2週間後には紅葉の絨毯見学で人が溢れる登山口も、予想以上に
人は少なく、裏側の磐梯とは別世界から登山を開始した。

IMG_2316.JPG

歩くこと1時間と少し。
ようやくくろがね小屋に辿り着く。
初めて中を見る。

IMG_2340.JPG

秋の紅葉が終わる間際に一度泊まって、山頂で朝日をみたいと思った。
お風呂も420円で入れる。
9時消灯も僕にはちょうどいい時間。

IMG_2304.JPGIMG_2324.JPG

更に2時間弱、登り続ける。
下界とは大違いの世界がそこにある。
風は立つのもやっとくらい強い。
霧でどんどん前も見えなくなってくる。

IMG_2326.JPG

頂上が見えない。
・・それでも進み続けると一瞬だけ頂上が姿を現す。

IMG_2327.JPG

こうしてなんとか安達太良の頂きに立った。

IMG_2329.JPG

IMG_2333.JPG

「東京には空がない。ここが本当の空です」と安達太良山を
智恵子は言った。
本当の空を見たかった。
綺麗な青空でしたよ、智恵子さん。

IMG_2343.JPG
IMG_2312.JPGIMG_2354.JPG


おふくろも高村光太郎が好きだったし、僕もなにかと光太郎と縁がある。
光太郎が智恵子が亡くなって泣き叫び続けた花巻の丘も訪ねた。
下山し、いつもどおり、山を振り返り御礼をしたら
光太郎の碑がそこにあった。

IMG_2357.JPG

光太郎の晩年の作品は名前を光と書くことが多い。

誰一人の痛みも
誰一人の悲しみも努力も気づく事も出来ない。
そんな愚かな男であるのなら
せめて、蛍のごとくささやかな光となりたい。
せめて大切な人の心をそっと照らす光になりたい。
そんな思いで下山した。


ニックネーム リンパパ at 20:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

広瀬川の氾濫・・

IMG_2235.JPG

北海道に3泊し、土曜日に仙台に帰った。
木曜日の深夜、電話が家人から鳴る。

仙台市から洪水による避難勧告が出された事。
家のそばの広瀬川が氾濫寸前で、近所はほとんど避難した事。
りんと2人でどうするべきかと、声に震えを感じる。

一瞬茨城の風景が頭をよぎる。
今すぐ家を出ること。
高台に上がること。
仏壇の位牌と貴重品だけ持つことを告げる。
そこから眠れない朝を迎える。
なんども雨で道路が冠水し、道を変える。
雨の音、サイレンの音で会話も何度も途切れる。
真夜中のりんとの避難は想像以上に恐怖であったと思うが
3.11を乗り越えてきた力もある。
4時をピークに雨は弱くなり6時前後にりんと家人は帰宅。
ようやく僕も30分ほど仮眠を取った。

IMG_2284.JPGIMG_2289.JPGIMG_2291.JPG

いつも僕が走る土手のアスファルトは剥がれ、野球場のネットまで
つぶされていた。
なんとか広瀬川は氾濫を耐え、人々を守った。
金曜日ほとんど寝ていない中で北海道で仕事をして土曜日に仙台に
帰り映した写真です。

まずは家人もりんさんもそしても家も守られたことに感謝したい。
一時は家はもう諦めていました。

IMG_2295.JPG

土手が防波堤となり広瀬川付近に住む人々を守った。
3.11も高速が土手の変わりとなりその左右は余りにも違う世界となった。

一方ではネギ畑が何もなかったように青々と広がる。

IMG_2294.JPG

その一方では土手を挟んで流された畑が土砂に埋まる。

IMG_2292.JPG

長く大切に育んできたものが、一瞬で変わり、そして消える。
ある者は生き抜き、ある者は命を失う。
僕らはいつもその間際を歩いている。

IMG_2299.JPG

だからこそ生かされている命である事を知る。
今、このひと時が真実の輝きであることに気が付く。

3.11から4年半。
また大きな痛手を負った。
でも既に人は立ち上がり、人を助け、また畑を今日も耕す。

僕は誰かの防波堤になれているだるうか?
大切な人達の防波堤の一部にでもなれて
いるわだるうか?
少なくとも次の世代、子ども達が笑って暮らせる
地球、故郷のために防波堤の一部になれたら
この上ない幸せな人生であったと思う。


さぁ、立ち止まらず前に進もう。
そう、自分の歩幅で・・しっかりと。

ニックネーム リンパパ at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

北海道へ・・

何日雨が続くんだろう・・・
昨日から異常に仙台は寒い。
今日は仙台での仕事が終わり次第、19:00の飛行機で北海道へ
3泊4日の出張となる。
更に寒いと思うと・・やっぱり夏の暑さが恋しくなる。

IMG_2190.JPG

土曜日に登った月山で一瞬の青空を背景に移した僕の大好きな
ザクロの実。
青空を背景にしたザクロの赤のコントラストが心地よく写る。
1粒だけ、「黒」のザクロがあることに気が付く。
変わり損ねたのか、あるいは進み過ぎたのか?

IMG_2206.JPG

「個性」。
人にはそれぞれの価値観、それぞれの生きざま、幸せがある。
今の時代こそこの「個性」という輝きになぜか心惹かれる。
自分のもの。
自分であり続けること。
時代や人に振り回されず、これが自分の個性と言えるものを
大切にしていきたい・・
今年の月山はそんな事も教えてくれたような気がする。

IMG_2077.JPG

今朝も僕のベッドでオレンジ色に変わるりんさん。
しばし会えないけど、おりこうさんにしてね・・

・・・そうだ、りんさんにもしっかりとした個性がある。
目は見えなくても毎日いたるところに音を立てるほどぶつかっても
決して落ち込まない。
恐れない。
諦めない。

月山だけではなく、りんさんの個性はずっとそう教え続け、いつも
背中をそっと押してくれる。
ありがとう、りんさん。
行ってくるね!


ニックネーム リンパパ at 09:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

小さい秋見つけた。

IMG_1944 (1).JPG


最近ほぼ毎日4;30に起きて、練習場に行き最低100球はボールを
打ち込んでいる。
前進、後退を繰り返しながら・・・
一生夢中になれるものを見つけた喜びも少しだけど芽生えてきているような
気もしている。
時間をかけて少しづつ成長し、楽しんでいきたいと思う。

・・・でも僕にはもう一つの趣味があって、雨が続く中今年の目標の
10山登りのひとつも達成できていない・・
唯一晴れた昨日、恒例の6年連続、8回目の、「月の御山 月山」に
登った。

IMG_2193.JPG

朝5時に家を出て、登山開始7:30。
残念ながら前が見えないほどの霧。
雲の中を一人進む。
今回は今までと違う、いつもより厳しいコースを選んだ。
少しは成長している自分を試したかった。

IMG_2191.JPG

途中、大好きなりんどうの花が声援を送ってくれる。
そして山頂も近くなると・・・

IMG_2195.JPG

小さな秋が既に始まっていた。
もみじが一部赤く染まっている。
今年の紅葉は早そうだ。

IMG_2196.JPG
IMG_2197.JPG

ようやく頂上を制覇。
昨年頂いたお札をお返しし、頂上で祈祷して頂く。
神主さんが祈祷の時に歌う、月山の歌がある。
なぜか、この歌を頂上で聞くと涙があふれる。
祈祷が終わり顔を上げたら隣の方も涙を拭いていた。
いろんな思いを背負って頂上まできたんだろう・・・

IMG_2200.JPGIMG_2204.JPG

祈祷や先祖供養が終わり、余りにも寒く風が強かったため
お昼も取らず下山を決めて降りかけた時、風が止み目の前の霧が
一気に晴れた。
これが月山の素晴らしき尾根の広がりです。

IMG_2206.JPG

またご褒美を頂きました。
これだから登山はやめられない・・
まるでドライバーで今日一番が出た感じですね!・・・って
また話はゴルフに戻って・・

当面、ゴルフ、登山、雪が降るまで頑張ります。
・・・当然、その分仕事もきっちりと。


ニックネーム リンパパ at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする